医療_デスク-(5).jpg

一般内科の病気

 

風邪(かぜ)

一般内科でもっとも多くの患者さんが訪れるのが風邪(かぜ)症状です。医療用語では「かぜ症候群」という名前で呼ばれています。鼻腔から咽頭までの通り道を「上気道」といいますが、この部位の急性炎症による症状を呈する疾患のことをかぜ症候群と定義しています。

どんな健康な方でも風邪をひいたことがない人はいないと思います。くしゃみや咳などで飛散する飛沫を介してウイルスや細菌などの病原体が気道内に入り感染を起こします。原因ウイルスとしてはライノウイルス、コロナウイルス、RSウイルス、アデノウイルスなどが多いです。風邪の原因として頻度は低いですが、肺炎球菌、溶連菌、マイコプラズマ、インフルエンザ桿菌などの感染では、肺炎などに発展する可能性があり注意が必要です。

22123075_s.jpg
風邪になったら

薬局などで手に入る市販薬でも対応可能ですが、長引かせると家庭内で感染をまん延させるケースや、重篤化して思わぬ重症となるケースもありますので、ひき始めに正しい対処をし早めに治すことが大切です。

 

あしかり内科には、かぜ症候群で来院される患者さんがたくさんいらっしゃいます。ただの風邪と思われる症状でも、怖い病気が隠れている場合がありますので、内科専門医がていねいに診察し、適切なお薬で早く治るようにサポートします。

 

せき、たん、鼻水、鼻づまり、のどの痛み、発熱、頭痛、全身倦怠感などの症状がみられた際には、お気軽にあしかり内科を受診してください。

インフルエンザ

 

インフルエンザは普通の風邪と違い、38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、全身倦怠感(だるい)などの症状が比較的急速に現れる感染症です。しかし発熱が軽度にとどまるものや、風邪と同じような症状(咳、のどの痛み、くしゃみ等)で発症するものもあるため、普通の風邪と見分けがつきにくいこともあります。小児や高齢者、免疫力の低下した方では二次性の肺炎、急性脳症など重症化するケースもあります。日本では例年12月~3月に流行しますが、ウイルスは1年中存在します。

 

インフルエンザの予防法

インフルエンザにかからないためには以下の予防法が挙げられます。

1)流行前のワクチン接種

インフルエンザワクチンは、感染後に発症する可能性を低くする効果と、発症した場合に重症化を防ぐ効果があります。日本ではワクチン接種をする方が増加する傾向にあります。

2)外出後の手洗い、うがい

流水・石鹸による手洗いは、手指についたインフルエンザウイルスを物理的に除去するための有効な対策です。アルコール製剤による手指衛生も効果があります。

3)適度な湿度

空気が乾燥していると、気道(口から肺に至る道のことです)粘膜の防御機能が低下し、インフルエンザにかかりやすくなります。特に乾燥する冬の室内では、加湿器などを使って適度な湿度(50~60%)を保つことが重要です。

4)人混みや繁華街への外出を控える

インフルエンザの流行時期(12月~3月ころ)は、高齢者の方や基礎疾患のある方、妊婦、体調のすぐれない方は人混みや繁華街への外出を控えましょう。やむを得ず外出して人混みに入る可能性があるときは飛沫感染を防ぐことのできる不織布マスクを着用すること、外出から帰宅したときに手洗いうがいを励行することが大切な感染防御策です。
 

 

花粉症

多くの人を悩ませる花粉症

くしゃみ・鼻水・鼻づまりなどを呈するアレルギー性鼻炎と、目のかゆみ・充血などを呈するアレルギー性結膜炎のうち、花粉が原因となるものを花粉症と呼びます。

日本ではスギ・ヒノキなど春に花粉が飛ぶ植物によるものが多いですが、ブタクサ・ヨモギなど秋に花粉が飛ぶ植物由来の花粉症もあります。

2019年の有病率調査ではスギ花粉症はなんと38.8%、1998年の16.2%、2008年の26.5%と比較し大きく有病率が上昇しています。ご高齢で発症するケースも増えています。花粉症の症状は飛散する花粉の量に比例して症状が増悪し、鼻づまりで呼吸がしづらくなると集中力の低下、ぼーっとする感じ、夜に熟睡できない、仕事や勉強の効率が落ちるなどの症状につながる可能性もあります。

医療 道具 (3).jpg
新型コロナウイルスと花粉症

また最近では新型コロナウイルス感染症との関連においても注目されています。花粉症で目や鼻をいじる頻度が増えることで新型コロナウイルスが粘膜から体内に入りやすくなる、くしゃみなどでウイルスが飛散する、花粉症だと思っていた症状が実は新型コロナウイルス感染症だった、など様々な報告がみられます。(ただし花粉症の患者さんが新型コロナウイルス感染症にかかりやすいというデータはありませんので安心してください)

 

花粉症の対策

花粉症の予防はマスクや眼鏡等で目の粘膜や鼻粘膜を花粉から保護してあげることが大切です。また屋外で花粉に暴露されたら、生理食塩水や人工涙液などで鼻や目を洗浄すること、玄関で衣類に付着した花粉を払い落とすことが有用です。部屋の中は適度に加湿し乾燥を防ぎましょう。

 

花粉症は当院内科で対応します

治療は、アレルギーを抑える抗ヒスタミン薬による薬物療法が有効です。目のかゆみが強い方には点眼薬、鼻水や鼻づまりに困っている方には点鼻薬をお出ししています。抗ヒスタミン薬には眠気の副作用の有無、効果の強弱、薬価など様々な違いがありますので、市販薬を購入するよりも安価で効果の高いお薬を提供することができます。あしかり内科では、アレルギーに詳しい内科専門医が診察をしています。

​花粉症関連の病気

 

花粉症に関連する重要な疾患に「口腔アレルギー症候群(OAS)」や「花粉皮膚炎」が注目されているのでご紹介します。

口腔アレルギー症候群(OAS:oral allergy syndrome)

 

花粉症を持つ患者さんの中には、野菜や果物を食べた後に口唇、舌、口腔内、のどにかゆみや浮腫みなどが出現することがあり、口腔アレルギー症候群(OAS)と呼ばれます。リンゴ、キウイ、ピーナッツ、メロン、キュウリ、マンゴーなどに含まれるアレルギー物質(アレルゲン)が、口腔内粘膜に触れることで起こるアレルギー反応です。重症例ではアナフィラキシーショックと呼ばれる症状を起こし、血圧低下、呼吸停止、意識消失などの重篤な症状を呈することもあります。

 

花粉症患者さんの体内には、花粉のアレルゲンに対するIgE抗体というアレルギー物質に対する抗体が存在します。野菜や果物に含まれるアレルゲンは花粉のアレルゲンと構造が類似しているために、花粉への暴露によって口腔内のアレルギー症状(口腔アレルギー症候群)を発症することがあります。

 

花粉皮膚炎

 

花粉によるアレルギー症状が、くしゃみや鼻水でなく皮膚疾患として現れるもの。スギやブタクサなどの花粉が飛散する時期に、「顔や首がかゆい」「皮膚が赤くなりガサガサに荒れる」「ヒリヒリした痛みがある」といった症状を引き起こします。毎年同じ時期にこのような皮膚症状が出る方は、花粉皮膚炎の可能性があります。

 

花粉皮膚炎は、肌のバリア機能が低下した部位に花粉による刺激が加わって引き起こされるアレルギー疾患です。アトピー性皮膚炎の方、肌が乾燥しやすい方、湿疹が出やすい体質の方は花粉皮膚炎が出やすいため注意が必要です。放置すると皮膚炎の範囲が広がり、美容にも影響がでるので、早くキレイに治したい方は速やかに対処しましょう。

 

花粉皮膚炎の対処

外出から帰ったら水で顔をやさしく洗って花粉を洗い落とすことや、マスクを着用することで皮膚に花粉が付着するのを防ぐのが有効です。

それでも改善に乏しいときは医療機関の受診をお勧めします。乾燥を予防するためのスキンケアとして保湿剤を用いる、アレルギー症状を抑えるために抗ヒスタミン薬を服用する、湿疹が出てしまった場合にはステロイド軟膏を塗布する、など医療機関でしか対応できないこともあります。

また、腸内環境を整えることで肌のバリア機能を向上させることが知られており、さらに効果的に予防、治療ができる場合があります。あしかり内科では消化器内科・胃腸科の専門医が診療を担当しますので、ぜひ一度ご相談ください。

 

アレルゲンを知っておきましょう

 

自分がどのような物質に対してアレルギーを持っているのか、実際に暴露されて症状が出ればわかることですが、あらかじめ原因物質を知っておくことでアレルゲンを避けることができます。

私自身の話になりますが、14歳の時に中学校でハウスダストを大量に吸い込み、それからひどいアトピー性皮膚炎に悩まされたことがありました。今では薬を使わずに過ごすことができるようになりましたが、思春期に皮膚がガサガサで顔貌が変わってしまうほどの皮膚症状に発展したことは本当につらいものでした。

アレルゲン検査

あしかり内科ではアレルゲン検査を行うことができますので、ご自身が持っているアレルゲンを簡易的に採血で調べることができます。アレルギー素因を持つ方は、ぜひ一度受診してみてください。